NOHMI QUICK GUIDE  

採用メッセージ

「守り」への
挑戦を、ともに。

私たちが掲げる「火災被害ゼロの社会」の実現には、文系・理系を問わず、様々な技術や知識を活用し、防災への挑戦を続けていくことが何より不可欠です。

大切な人を、大切なものを、大切な場所を守るために。能美防災は、攻めの「守り」へともに挑む、あなたの勇気あるチャレンジをお待ちしています。

数字で見る能美防災

能美防災は業界のパイオニアとして、その役割・使命に徹し続けてきました。
長きにわたって刻んできた歴史と、トップメーカーとしての実力を象徴する、以下の数字をご紹介します。

創立 1916

創業 1924

自動火災報知設備による
防災事業を開始

売上高 1067 億円

(連結/2019年3月期)

経営利益 116 億円

(連結/2019年3月期)

拠点数

52 箇所

海外拠点数

6 箇所

能美グループ

25 箇所
(国内外)

従業員数

2,422

(連結/2019年3月期)

知的財産権の件数 (特許、実用新案、意匠)

国内・海外登録済

1336

(2019年12月31日時点)

国内・海外出願中

433

 

主力煙感知器
のシェア

※2018年度光電式2種煙感知器のシェア


40%

中・大規模物件向け
受信機 (システム制御盤)
のシェア
※2018年度GR型受信機のシェア


40%

能美防災の事業領域

能美防災の活躍するフィールドは無限大です

創立100年を超える国内No.1防災設備機器メーカー、能美防災。自動火災報知設備・消火設備など、常に最新の防災システムを全国の施設に提供してきました。そのフィールドは幅広く、一般住宅をはじめ、ビル、駅、空港、大空間施設、トンネル、プラント・危険物貯蔵(取扱)所、文化財、医療・福祉施設、情報通信インフラ施設、清掃工場、ヘリポート、船舶など、人々の生活になくてはならない場所を火災から守っています。

主要な製品の機能と種類

ビル・地下街防災

オフィスビル、超高層ビル、ホテル、百貨店、駅など、物件の規模に合わせた防災システムを構築します。

R-26E(受信機)
※2019年9月現在 国内メーカー
複合GR型システム 当社調べ

リング型表示灯付発信機

一般住宅防災

一般住宅、戸建住宅には、性能はもちろん、デザイン性も優れた火災警報器などを提供しています。

住宅用火災警報器
(薄型×小型 単独式)

大空間防災

空港、スタジアム、体育館、アトリウムなどの天井が高い大空間は、天井設置の感知器・スプリンクラーなどでの火災検知・消火が難しいため、壁面設置型の製品などが用いられています。

光電式分離型感知器

SR100システム

発変電・石油・化学などプラント防災

火災の早期発見・消火はもちろん、火災による損失リスクも大きいプラントには、屋外設備の火災監視や周辺への被害を抑制する製品なども提供しています。

赤外線3波長式炎感知器
(防爆)

水幕設備

工場防災

自動車・電気製品・医薬品・食品などの製造工場、流通倉庫、電気室、クリーンルームといった施設の用途や想定される出火要因に合わせた火災の検知・消火方法をご提案しています。

赤外線3波長式炎感知器
(非防爆)

高発泡消火設備

情報通信インフラ防災

データセンター、コンピュータルーム、サーバー室、IT関連施設などは、損失時のリスクが高いため、火災を未然に防ぐ超高感度センサなどを提供しています。

火災予兆検知システム

NN100消火システム

トンネル防災

道路トンネル、鉄道トンネルは、長大な形状・排気ガスや熱がこもりやすいなどの特徴があるため、専用の検知・消火設備を提供しています。

トンネル向け火災検知器

水噴霧設備

文化財防災

国宝・重要文化財などの貴重な建造物を火災から守る設備には、景観を損なわないようにするなどの工夫を凝らしています。

差動式分布型感知器

ドレンチャー設備

船舶防災

客船、貨物船、艦船、フェリーなどの各居室や通路、機関室、貨物倉といった区画ごとに最適な防災システムを構築します。

火災受信機

大型客船・飛鳥Ⅱ

国内納入物件

姫路城

日本初の世界文化遺産「姫路城」。江戸時代初期に建てられた天守や櫓の主要建築物が現存しており、姫路城内の建造物は、国宝8棟と重要文化財74棟の指定を受けています。姫路城には自動火災報知設備・消火設備だけでなく、監視カメラや防犯センサ等も納めており、日本の城郭で模範とも言える総合防災設備を設置しました。美観には配慮し、機器は指定色、消火栓は檜製、スプリンクラーヘッドは金メッキ仕様にし、建物との調和を図っています。

スプリンクラー
ヘッド

スプリンクラー設備の放水部。火災の発生を自動的に検知して放水を行います。写真は通常色ですが、感知器などの露出する機器は、美観を損なわないよう、建築物の色調に合わせたカラーリングを施すこともあります。

東京駅

東京のターミナル駅として多くの人々の生活を支えてきた東京駅には、最先端技術を搭載した放水ヘッド等スプリンクラー設備「SR100システム」を納入。重要文化財に指定されているため、既存の煉瓦・内蔵鉄骨を傷つけないように検討し、細心の注意を払いながらの作業でした。ノズル取付においては、意匠との取り合いも上手くいき、満足のいく工事ができました。

自動放水システム
『SR100』

通常時はパネル内に格納(写真左)されており、自動火災報知設備の火災信号で起動(写真右)し、感知部にて火源を探査・確定後、放水部を火源方向に自動指向し放水します。

海外でも活躍する能美防災の技術

タンソンニャット国際空港

ベトナム経済の中心都市、ホーチミンの「空の玄関口」である空港です。2007年には、日本による政府開発援助で新国際線空港ターミナルビルがグランドオープンしました。この空港には、自動火災報知設備、窒素ガス消火設備を納入しています。

光電式分離型
煙感知器

空港のロビーなど、天井の高い大空間などに用いられる感知器。赤外光を発する送光部とそれを受ける受光部を5m~100mの距離に対向設置し、この光路上を煙が遮ったときの受光量の変化で火災を検出します。

職種ガイド

「責任一貫体制」の能美防災では、様々な職種が活躍しています。