人を知る INTERVIEW

日々のあたりまえを守る・創る

能美防災に入社を決めた理由を教えて下さい

日々の「あたりまえを守る・創る」という夢を叶えるためです。そのため、就職活動をする上で重要視した軸は「日常生活で必要不可欠なものを扱っている」、 「業界トップクラスである」ことです。能美防災は両条件に合致し、入社を決めました。

高専・大学では機械工学、安全工学を専攻しました。そこから、世の中に溢れる多くのモノは、安全、安心、便利、夢を沢山の人に届けたい、という強い想いの塊なのだと実感しました。一方で、法律や規則は、過去の災害による尊い犠牲をきっかけに改正されることが多いですが、災害の後手に回ることなく、先手を打ち、世の中の変化に先んじて対応する必要があると思います。それを、身体と頭の両方を動かして、考えて、実現できる、そのように最も思えた企業が能美防災でした。

仕事内容を教えて下さい

私の所属する消火システム研究室は、火災現象、火災科学、消火機器・システムなどに関する調査、研究、開発業務を行っています。能美防災は、天井の高さが可変の実験場など、国内で有数の実験設備を有しており、様々な想定の火災現場を模擬した実験を行えます。社会の要求に応える消火機器・システムを開発するため、身体と頭をフル回転で使う仕事です。

その中でも現在、スプリンクラーヘッドの開発業務を担当しています。意識しないとなかなか目にとまりませんが、いつ起きるか分からない火災に対して常に備えている機器です。高い作動信頼性を得るために、あらゆる事象に関する検証は必要不可欠です。試作部品を工作機械で自作したり、シミュレーションで機器の挙動を確認したりと、仲間とともに幅広く開発業務に携わっています。

これまでどのようにステップアップしてきたかを教えて下さい

消火システム研究室に配属後、燃焼実験の補助や流水検知装置の検定業務に携わり、実験のノウハウや段取り、機器に必要な品質保証試験についてOJTで学びました。また、業務上必要な高所作業車運転の技能講習や消防設備士の資格なども取得しました。その後は大規模物件向け消火設備の検定業務、他部署から依頼された製品のデータ測定などを担当し、業務を遂行する一連の流れを経験しました。

現在は、新製品の開発業務を行っているため、何もないところから部品の形状を考え、試作、試験、評価を行っています。トライ&エラーで苦しい時もありますが、それこそが開発の醍醐味とも感じ、周囲からサポートをもらいながら、やりがいをもって業務に取り組むことができています。

今後のキャリアプランやチャレンジしたいことを教えて下さい

火災感知から消火までを行うシステムの製品開発を行いたいです。能美防災は、単に機器だけを開発しているだけではなく、システムとしての製品開発を行っています(近年では、病院・有床診療所・福祉施設向け消火剤噴霧自動消火システム「SPlashα」など)。そのためには、消火機器に関する知識と経験はもちろんのこと、世の中の動向、火災現象、火災報知設備など諸々が把握できなければ製品になりません。

今経験している消火機器の製品開発をベースとして、知識と経験の裾野を広げながら、システムの考案・開発・製品化を実現し、入社前からの夢である、日々の「あたりまえを守る・創る」を叶えたいです。

能美防災を目指す方に
メッセージをお願いいたします。
MESSAGE

火災被害ゼロの日常という、誰しもが願う単純明快な目標に向かって、高い技術力を持った人たちが一貫体制で取り組む組織は、能美防災以外にないと思います。ユニークさとアクティブさを持って、お互いに切磋琢磨できる日を楽しみにしています!

※所属およびインタビュー内容は、取材当時のものです。

その他の人を見る

1 15